M&Aの仲介企業に依頼すれば会社を維持できる

スーツのメンズ

良い業者を選ぶために

握手

取り扱う規模と強みに注目

M&Aを検討しているとき、忘れてはいけないのが仲介業者の存在です。良い仲介業者を選ぶことで、スムーズにM&Aの相手を見つけ、無駄なお金を使わずに契約を進めることができます。良いM&Aの仲介業者を選ぶためには、最初に業者が取り扱っている会社の規模を調べましょう。M&Aを検討している規模を多く取り扱っている業者でなければ、適した情報を見つけにくくなってしまいます。また、仲介業者の強みに注目することも忘れてはいけません。仲介業者によって、情報収集力や仲介業務に関する専門性で差が出ます。特定の業界に特化した業者を利用する選択肢もあります。そのため仲介業者の強みを調べて、自社にとってメリットの大きい業者を選びましょう。

報酬は事前に確認すること

M&Aの仲介業者を選ぶときに、報酬体系の確認を忘れてはいけません。利用する業者によって報酬体系は大きく異なるので、必ず事前に調べておきましょう。報酬体系について考えるなら、費用の名目を把握することも必要です。費用の名目は、着手金や中間費用、さらに成功報酬などにわけられます。中間費用は、途中で支払うことになる費用ですが、業者によっては月ごとに費用を請求されることもあります。また仲介業者の中には、着手金や中間費用なしで、完全成功報酬というケースもみられます。完全成功報酬であれば、お金を支払うのはM&Aが完了してからでいいため、報酬にどのくらいのお金がかかるのか把握しやすくなります。また報酬がM&Aの金額の何%というように、額がはっきりしている仲介業者を選ぶことも大切です。